“仮説”が不要の当社AIツールとは?

  • 分析ソリューション
  • Target Finder

2019年3月1日(金)  サポート事務局 TT

当社の分析ソリューションの製品には、『国立研究開発法人 産業技術総合研究所』が開発した人工知能が分析エンジンとして稼働しています。

(詳細は本サイトの「Target Finder®をご覧ください)

 

 

このAIツールの「Target Finder®」とは、顧客データを分析するとお勧めしたい商品のターゲットが自動抽出できたり、サイトの回遊履歴データを分析するとコンバージョン予備軍のクッキーが自動抽出できます。今まで“仮説”を立て、BIツールなどを活用してデータ分析した結果をもとにプロモーションの対象者を特定していた業務を、全て自動化しているのです。

 

今まではデータ分析するにあたり“仮説ありき”と言われてきました。しかし、これだけ市場環境の変化や消費者の態度変容が急速に進む現代においては、過去の知見やノウハウに基づく“仮説”を分析に拠り所とすることで、“変化”の見落としのリスクの可能性が発生しているかもしれません。

 

そこで我々はまずTarget Finder®でお持ちのデータを洗ってみることをお奨めしています。商品やサービスを購入されている顧客の購入パターンが何パターンあるのか、サイト来訪者の回遊パターンが何パターンあるのか自動で検出されます。そして、顧客や来訪者のパターン毎の特徴分析も可能になっています。なので、それぞれのパターン毎に今までの知見とノウハウを生かして立てられる“仮説”はより実態を反映したものとなり、マーケティング施策の効果を増大する可能性が大きくなってきます。

 

また、一度分析をしてしまえば分析するデータを更新することで簡単に最新の顧客の状況を反映したマーケティング施策の立案が可能となっています。

 

あとは、実際にマーケティング施策を実施して、今までの業務フローとTarget Finder®を活用した業務フローの効果検証によって評価していただくことになります。

 

当社の企業ビジョンは「実験、実践、実現。For Amazing Experience

『データマーケティングソリューション』は当社の独自性の高いプロダクトに基づくAmazing Experienceを体現していただくためのソリューションとなっています。

 

次回はTarget Finder®の特長についてご紹介いたします。

関連記事

ページトップへ