「2025年の崖」をどう乗り越えるか?~その2~ 今回は、「データの民主化」というキーワードから当社のAIツール「Target Finder」についてご説明します。

  • 分析ソリューション
  • Target Finder
  • データアナリティクス&コンサルティング

2019年9月18日(水)  サポート事務局 SS

日本の多くの会社では、データ分析に必要なデータ収集や加工は、情報システム(IT)部門が管理してきました。

 

 

またデータ分析に関しては、データサイエンティストのような専門性のある部署がその役割を担ってきました。

 

一方、社内のユーザー部門は、データの中身は把握しているもののITスキルに乏しいので、データ分析は専門部署に任せておけばいいや、といった考え方でした。

 

よって、現在でもまだ多くの会社では、情報システム部門やデータサイエンティストの部署に、データは囲い込まれているといっても過言ではありません。

 

しかしながら、データ量はすごい勢いで日々増加を続けています。もはや情報システム(IT)部門やデータサイエンティストの部署だけがデータを管理・分析する時代ではありません。

 

また、データの中身を把握している社内のユーザー部門が、データの管理やデータ分析を完全に人任せにしていたら、変化する市場環境への迅速な対応は困難となります。

 

経済産業省のレポートにも「2025年の崖」を乗り越えるためには、「既存システムのブラックボックス状態を解消し、データをフルに活用した本格的なDXを実行すること」と記載されています。

 

「特定の部署に囲い込まれているデータを、より多くのビジネスユーザーに開放する。」

 

この「データの民主化」こそが、「2025年の崖」を乗り越えるための大事なキーワードのひとつであるといえます。

 

より多くのビジネスユーザーが、データにアクセスし、データ分析を行えるようにする。

 

「データの民主化」のためには、データ分析の心理的なハードルを下げることが重要です。

 

当社のAIツール「Target Finder」は、専門知識や高度な操作方法を習得する必要はありません。

 

マウスを使った簡単操作でデータ分析ができます。

 

専門性のないビジネスユーザーでも、それぞれのアイデアでデータ分析活用を試みることができるというシンプルな操作性を目指してTarget Finderを開発しました。

 

あたかもワードやエクセルを使うように、専門知識やスキルの無い社員がTarget Finderを使ってサクサクとデータ分析をする。そんなオフィス風景は当たり前になることが、わたしたちの願いです。

 

是非一度、Target Finderの使いやすさを実際にお試しください。

 

 

 

 

いかがでしたでしょうか。ぜひこの機会に製品サイトをチェックしてみてください。

 

Target Finder製品サイトはこちら↓

https://www.tagc-solutions.com/product/target_finder/

 

また弊社では長年のビッグデータ分析とその結果のマーケティング戦略への活用実績があり、「Target Finder」を活用した分析・コンサルティングサービスや、テーマに応じて

さまざまな手法を組み合わせた分析・コンサルティングサービスも提供しています。業種別では金融、EC、小売など各業界でのコンサルティング実績がございますので、お気軽にご相談ください。

 

▼データアナリティクス&コンサルティングサイトはこちら↓

https://www.tagc-solutions.com/product/consulting/

ページトップへ