下手な鉄砲も・・・働き方改革で・・・数発しか撃てません!

  • 分析ソリューション
  • Target Finder
  • データアナリティクス&コンサルティング

2020年3月31日(火)  サポート事務局 SS

「営業は足で稼ぐもの!靴をすり減らしてなんぼ!」

日本のビジネスでは伝統的に、営業という仕事は「汗と涙」「義理と人情」「武勇伝」という熱血ストーリーによって神格化されてきました。特にB to B の営業では、「下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる!」との突撃ラッパのようなスローガンのもとで、ルート営業、紹介営業、飛び込み営業、やみくも営業を含めてすべて「気合」で頑張れば、それなりに成果が出ていました。

 

 

しかしながら近年の若年労働力の減少、長時間労働や残業を減らす取り組みをはじめとする働き方改革、オフィスのセキュリティ厳格化(勝手に飛び込み営業ができない)などにより、営業という仕事に大きな変化が出ています。

まず営業現場の最前線では、ハラスメント防止、内部統制強化、コンプライアンス厳守などにより、ますます業務が複雑化。セールスメンバーは疲弊しています。そのセールスメンバーを束ねる営業マネージャーも、トップからの「少ない人数で売上高をアップさせること!」という営業部門生産性向上のプレッシャーと、疲弊した現場セールスメンバーとの間で板挟みになっています。今の営業現場では、下手な鉄砲であっても弾数が絞られていて、何発も撃てなくなっているのです。

 

数が撃てないのであれば、セールスメンバーの業務効率を上げるしかありません。でもどうしたらセールスメンバーの負担を減らして、なおかつ売上を維持・拡大できるのでしょうか?

日本の営業組織では、「セールス活動に多くの無駄がある」という声をよく耳にします。実は多くの営業マンは、今のような「やみくも営業」は時間の無駄だと薄々感づいているのかもしれません。また、実は多くの営業マネージャーが、売れる見込みのない得意先で部下に無駄な動きをさせていると認識しているのかもしれません。

受注に結び付きそうもないお客様に対して、血と汗と涙でアタックするだけでは、「時間」も「気合」もなくなってしまいます。

 

一方、ベストな商品を、購入確率の高いお客様にベストなタイミングでセールスすると、営業効率は上がります。営業チームのモチベーションも上がります。

昨今の営業現場では、「どのような頻度でどちらのお客様を訪問しているのか」「どの商品をセールスしたか」「その商品をアウトバウンドコールしているか」「購入のタイミング、購入数量、購入価格」などの詳細な営業活動データが日々蓄積されていると思います。ですが、その貴重なデータを社内で塩漬けにしているケースはまだまだ多く見られます。

 

当社のデータアナリティクス&コンサルティングは、営業活動データをAIツールのTarget Finderで分析することにより、「このお客様は成功率が低いにも関わらず、訪問回数が多すぎます」とか、「このお客様は新商品に飛びつきやすいので、新商品発売時には真っ先にアウトバウンドコールをしましょう」などの、確率に基づいたレコメンドをしております。

 

 

下の図は、営業活動データをTargetFinderに入力して解析したレコメンドの例です。視覚的に分かりやすい営業戦略資料となっています。

□図1

 

図1は、営業履歴データをTarget Finderで分析した結果をベースに、営業効率を高める営業戦略シートです。

商品Aを買う確率の高いターゲット企業をリストアップして、担当営業チームが確率の高い企業からセールスを仕掛けていきます。

 

□図2

 

図2は、営業履歴データをTarget Finderで分析した結果をベースに、Z株式会社というターゲット企業に対して、Z株式会社が購入する確率が高い商品をリストアップしてます。

担当営業チームは確率の高い商品だけをセールスします。

 

 

上図の通り、当社のデータアナリティクス&コンサルティングは

  • どこにセールスするべきか?

顧客リストから受注確度が高い顧客候補を抽出します

  • どの商品からセールスするべきか?

顧客とのセールス履歴をベースにAIが点数化(所属確率)をします

  • 次に何をすべきか?

常に最新の営業活動データをTarget Finderに入力すれば、施策のPDCAを廻すことができます

を的確に営業部隊へレコメンドすることができます。

 

 

いかがでしたでしょうか?

これからの営業セールスの世界では、「上手な鉄砲、弾数が限られていても、よく当たる!」でないと生き残れないのかもしれません。

 

▼当社データアナリティクス&コンサルティングサイトはこちら↓

https://www.tagc-solutions.com/product/consulting/

 

 

関連記事

ページトップへ