大人の学び直し(リカレント教育)が大人気です。でも、どうせなら学び直さないで済むのが一番良いですよね。

  • 分析ソリューション
  • Target Finder
  • データアナリティクス&コンサルティング

2020年5月28日(木)  サポート事務局 SS

「もう一度、勉強がしたい!」「苦手だったあの科目にチャレンジしたい!」「基礎からやり直したい!」

 

 

もうすでに社会に出た人が勉強をやり直すことを、リカレント教育(大人の学び直し)といいます。

子供の時にできなかったこと、挫折しちゃった科目に再度挑戦することはとても良いことです。カッコ良く見えます。高齢化社会になって、ますますリカレント教育がもてはやされています。

 

でも、ちょっと待ってください。子供時代に勉強が嫌いにならなかったら、そもそもリカレント教育を受ける必要はありません。「自分が若い時に、あの科目が得意科目だったらな~」と思っている人は少なくないと思います。

もしかしたらその苦手科目のせいで、失恋しちゃった、希望する会社に入れなかった、やりたい仕事に就けなかった、出世ができなかった等、その後の人生に影響が出てしまったのかもしれません。

 

いったいなぜ、勉強が嫌いになってしまったのでしょうか?家庭環境や金銭的な事情で、勉強が嫌いになった人もいるでしょう。ですが勉強にやる気が起きなかったのは、別の原因があったのかもしれません。

「勉強をする」と聞くと、どんなイメージを思い浮かべますか?

先生が教壇で授業をして、あなたは一方的に先生のお話を聞くだけ。教科書は最初のページから順番通りに学習しなければならない。その後はひたすら、机に向かって問題集を解いていく。挙句の果てには、偏差値という1つの物差しだけで生徒は判断される。

画一的な勉強の仕方が自分に合っているという一部の人を除いて、それではみんなやる気をなくします。勉強の仕方が限定されているので、勉強への苦手意識が生まれやすくなっているのです。

 

当社のデータマーケティングでは、大量の学習の記録をもとにベイジアンネットワークという分析モデルを用いてその因果関係を明らかにする取り組みを行っています。どのような学習カリキュラムが、その人の理解と結びついているかという因果関係が見えるのです。ですから、ベイジアンネットワークというAIエンジンを使えば、その人に合った学習カリキュラムをリコメンドできます。

 

テキストを頭から順番通りに学習することが自分にあっている人には、教科書通りのカリキュラムをリコメンド。勉強につまずくところが同じクラスタに所属する人には、テキストとは違う順番で勉強することをリコメンドする。10人生徒がいれば、その10人にあったそれぞれのカリキュラムがあるはずです。

 

学校の勉強だけではなく、難関な資格試験の勉強、はたまたゲームの攻略まで。大量の学習データを分析して因果関係を明らかにできるAIリコメンドは、パソコンやスマホの普及によってあなたを後押ししてくれます。自分のペースで効率的に楽しく学ぶことができるのです。

 

当社のデータマーケティングによるリコメンドで、画一的なカリキュラムではない、その人に合ったカリキュラムを提供する。そのことで勉強が好きになり、子供も大人もその人の持っている可能性を広げていきたい。

苦手だった科目を学び直したい!難解な資格試験に合格したい!好きなゲームを攻略したい!というさまざまな挑戦をバックアップ。当社のデータマーケティングは、そのようなこともやっています。

 

いかがでしたでしょうか?

▼当社データアナリティクス&コンサルティングサイトはこちら↓

https://www.tagc-solutions.com/product/consulting/

関連記事

ページトップへ