ブログ

Location Finder

  • Location Finder

生活者の行動に即した広告配信を提供する位置情報Web広告プラットフォーム「Location Finder」とは?

2019年7月11日(木) サポート事務局 TI

今回のブログでは生活者の行動に即した広告配信を提供する位置情報Web広告プラットフォーム「Location Finder」をご紹介いたします。

 

■スマホ時代での生活者とのコミュニケーション

 

 

ほとんどの人がスマートフォンを持っている今の日本では、スマートフォンを介したオンライン上での広告配信は生活者との接点づくりという点で必要不可欠です。

家ではスマートフォンを片手にTVをながら見する、通勤・通学の場面では電車の中でスマートフォンをつかってニュースをチェックする、SNSをチェックする、アプリケーションをつかって漫画を読む、移動中であれば電車の乗り換え情報をアプリで調べるなど、生活の中でスマートフォンを使用する時間が長くなっています。

 

生活者のスマートフォン利用が長時間化したこともあり、広告主よりオフラインでの広告が「見られているのか」とご不安の声をいただくことや、スマートフォン・タブレットなどで新聞を購読するケースが増えたため「折込チラシが届きにくくなったのでは」と疑問の声をいただくことがございます。

 

もちろんマス広告は幅広い世代にアピールできる面としては絶大な効果があり、OOH(Out Of Home media)の中でも、例えば交通広告は到達力、反復訴求など、優れた点があります。折込チラシも一定の層、地域に対しては有効な手段です。

 

しかし生活者との接触時間という点で優れているスマートフォンへの広告配信は、さらに生活者との接点を深めることを可能にします。

また生活者の属性や関心に沿った広告配信ができれば、広告主にとっても、生活者にとってもより効果的な広告となります。

 

■Location Finderのご紹介

 

今回ご紹介する位置情報Web広告プラットフォーム「Location Finder」は、スマートフォンへの広告配信だけではなく、生活者の位置情報を組み合わせた位置情報Web広告プラットフォームです。

 

 

位置情報を組み合わせることにより、生活者の興味関心、居住地、ライフスタイルを類推

・分析した後、セグメントを作成したうえで広告配信が可能となるので、ターゲット層にしぼった効率的な広告配信が可能となります。

例えば、位置情報によって、ある地域の高校に平日長時間いるケースは高校生だと類推できます。例えば、高校生と類推されたセグメントに対し集中して学習塾の広告を配信するなど、ターゲットを類推しセグメント化することにより、より広告の到達率を高めることができます。

 

また「Location Finder」では、広告メニューとして新聞の購読率を町丁目レベルまで推定することが出来ます。新聞購読率の低い町丁目に「Location Finder」から広告をうつことにより折込チラシがどうしても到達しにくい層へのアピールが可能です。

 

それだけでなく、折込チラシと連動したコンテンツを配信することで、折込チラシへの注目度を高めることが出来ます。

 

このように「Location Finder」を用いることでターゲット層に応じた広告配信や、他の施策との相乗効果を得ることが可能となり、より広告の到達率を高めることができるのです。

 

■スマホ広告×OOHでの広告連携

 

 

上記では、「Location Finder」によるターゲット層にしぼった広告配信をご紹介いたしましたが、生活者が日常で繰り返し接触する機会の多い、駅や電車の中でOOHと組み合わせた広告配信をすることにより、到達率をさらに高めることも可能です。

例えば、学生をターゲットにした広告配信を行いたい場合は、学生が利用する駅や電車の中でのOOHで広告をうち、さらに「Location Finder」の機能を利用し、駅や電車の中にいた学生のスマートフォンに対して広告を配信することで反復訴求を促すことができるのです。

 

いかがでしたでしょうか。ぜひこの機会に製品サイトをチェックしてみてください。

Location Finder製品サイトはこちら↓

https://www.tagc-solutions.com/product/location_finder/

 

またご興味をお持ちいただいた方、詳細についてお聞きされたい方など、お気軽にお問合せくださいませ。

ページトップへ